選ぶときのポイント

スクールを選ぶときは、自分が通いやすく習いやすいところを選びます。めぼしいところをいくつかピックアップして、まずは見積をします。見積では、同乗飛行訓練と、単独飛行訓練の時間、座学の時間、機体はなにを使用し、1時間あたりの訓練費用はいくらかを調べて、総合的な費用は算出します。費用に関して、ローンが使えるかも調べておきましょう。トラブルをさけるために、できれば事前の支払いは避けた方が懸命です。前金などであれば、問題ないかもしれません。

スクール教官には、日本人は何人いるのか、外国人は何人いるのかも調べるようにしておき、英語が話せないとなると、日本人の教官に訓練を受けた方が良いです。入学生の試験合格率と、合格までの訓練時間も見ておきましょう。教官の数も重要になってきます。ヘリコプターという狭い空間で、何時間も一緒に過ごすこととなるので、性格があうか馬が合うかも関わってきます。

もしも海外のスクールに行くとなると、ビザや宿のサポートは受けられるのか、問い合わせしてみましょう。英語が話せず、海外も初めてとなると、日系のスクールが良いかもしれません。また、外国人の生徒と共に訓練を受けていくと、日本ではわからないようなこともわかることもあり。新鮮な発見もできます。

就職率

ヘリコプターの免許を取得するならば、スクールでの試験の合格率、さらには就職率を調べましょう。免許取得を目指す方は、多くは就職を前提としています。将来を考えるならば、就職に有利なスクールを選んだ方が、試験に合格し免許を取得したあとに、仕事を探しやすいです。合格率は高いのか、就職率は高いのかを調べて、通うスクールを選びます。

ホームページ就職率が高いということは、免許試験の合格率が高いということを意味し、スクールでの、実技や学習もしっかりと行い、専門的な知識や技術を身につけられることを意味します。ヘリコプターは、一度事故を起こすと大きな被害をもたらすので、技術や知識は十分に時間をかけて身につけるべきです。また就職率も高く、それは合格率も高いとなると、スクールの指導者の指導力が高く、素晴らしい技術や知識を身につけられるということも意味します。さらにはスクールとしての信頼性も高いでしょう。

ただ就職率にしても合格率にしても、スクールのパンフレットなどをみてもなかなかわかりにくいものです。就職率が高いということは、卒業生が多数ヘリコプター関係の仕事をしていることになります。パンフレットやホームページの就職実績などを見てみると良いでしょう。

国内と海外のスクール

ヘリコプターの免許を取得するならば、国内でも海外のスクールでも取得できます。やはり国内と海外のスクールでは、取得までの条件がいくつも違ってきます。

スクール海外でも世界各国にヘリコプターのスクールがあり、中でも日本人には、アメリカやオーストラリア、ニュージーランド、カナダなどの国が人気であり、多くの方がこれらの国のスクールに通います。海外で免許取得する場合は、国内のスクールよりも費用が安いです。海外のスクールだと、国内スクールの半額以下の費用です。ただ海外だと現地でのアパートを探すことは必要です。また訓練での管制塔とのやりとりは英語となるので、最低限の英語能力は必須です。最後に法規の学科試験を受けますが、これは日本に戻ってきて受検します

国内にもスクールはいくつもあり、長崎や八尾にあるスクールが有名です。車の免許と同じく、実技と学科があります。国内だと、取得費用は多いと500万円と高額にないますが、日本の慣れた空で訓練を受けられます。どのスクールにしても、方針によって訓練時間が違ってきます。訓練時間は時間単位で費用がかかるので、訓練時間が多いほど、費用はかかります。事業用の免許を取得するには、自家用に加え、事業用の学科と実地試験を受けます。

ヘリコプター免許スクール選び

ヘリコプターの免許を取得するときは、スクールに通って、免許を取得します。ヘリコプターの免許は国内でも海外でも取得することができ、海外の方が取得費用は安いです。スクールを選ぶときには、費用や取得までの期間はもちろん重要とはなりますが、それ以外にも選ぶときのポイントはいくつもあります。どこのスクールで取得するかによっても違ってきますが、取得費用は数百万円もかかるので、スクール選びは、慎重に時間をかけて行わないとなりません。

ヘリコプターヘリコプターの操縦を習うときは、ただ費用が安い、通いやすい場所にあるなど、安易な理由で決めてはいけません。免許を取得したい方は、取得後にヘリコプターを操縦し、仕事などに役立てることもあるので、操縦をじっくりと教えてもらわないとなりません。いくら費用が安くて取得期間までの時間が短くても、教え方が雑では十分に操縦技術は身につきません。

免許は海外のスクールでも、国内のスクールでも取得することができます。ただ海外で取得すると、最終的には日本に戻り学科試験を受けないと、免許取得はできません。移動費用のこともあり、また多少の英語も免許では必要となるので、そのようなことも総合的に判断してどこのスクールで免許を取得するか決めていきます。スクールのパンフレットやホームページを見て、情報を集めましょう。海外のスクールに行くならば、日本の業者で入学や現地のアパートなどを斡旋しているところもあります。